トップページ > 全量買取制度で変わる設置の目的

導入プロセス

全量買取制度で変わる設置の目的  平成24年7月スタート

特に産業用太陽光発電システムで、今最も話題を集めているのが、平成24年7月に開始の『電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案』。
一般的には『全量買取制度』と呼ばれるものです。

従来、太陽光発電システムで発電された電力は、自家消費後の余剰について電力会社が買い取りを行っており、これまで住宅用普及においては一定の効果を上げてきました。
一方、電力需要の多い企業にあっては余剰が見込める企業はごくまれ。売電によるメリットが見込めず、普及が進まないという現状がありました。

発電事業としてのソーラー設置も拡大する
これを打開し、再生可能エネルギー普及を推進しようと打ちだされたのが、発電された電力全てを有利な価格で電力会社が買い取る『全量買取制度』です。

この制度で最も気になる価格とその期間は、平成24年春、
『1kWh(キロワットアワー)あたり40円(税込42円)。20年間』と定められました。
これは発電事業者の要望をほぼ満たした、設置者に有利な価格・期間設定と言えるでしょう。
しかしながら、設備投資の試算は容易ではなく、大きな資金が必要となるケースもあります。よって『設置条件によっては設置者の利益となりえる』という受け止め方が正しいと言えるでしょう。

未確定事項が多数ながら、全量買取制度への期待感は多くの業界を巻き込んで注目されています。
太陽光発電買取のこれまでとこれから



もっと詳しく知りたい方はこちら     

大手企業や投資家は、この機会を電力ビジネス参入の好機として活発な動きを見せています。
しかし、それ自体を事業とする者でなくとも、例えば屋上、屋根に余剰スペースを保有する法人などにとっては経済メリットの模索、あるいは投資負担を軽減しながら、各種規制への対応・CSR実現・防災対策を兼ねる有効な手段となる可能性を秘めているのが、この産業用太陽光発電システムです。

早い段階でその可能性を模索しておく事が、企業とっても社会にとっても重要な事となるでしょう。

早い段階での導入検討が先行メリットの享受に繋がります


ページの先頭へ
太陽光発電、風力発電、省エネのお問い合わせ、ご質問など何でも結構です。24時間いつでも受け付けております。

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ。0120-807-011

タイヘイテクノス株式会社ソリューション事業部は、太陽光発電・風力発電と通して企業様や個人様の快適な環境づくりをサポートするトータルソリューションカンパニーです。

お客様の夢やご希望を聞かせて下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。