トップページ > メガソーラー

どれくらいの敷地が必要?

1~2Haの広大な敷地面積

メガソーラーとは、出力1MW(メガワット)=1000kW(キロワット)以上の大規模な太陽光発電を
指します。1MWの発電所を設置するのに、1~2ha(ヘクタール)の敷地が必要になります。
野球場やサッカー場が1ha前後の広さになるため、参考にされて下さい。
※坪変換で1haは約3,000坪。平方メートル(m2)変換で1haは10,000平方メートル(m2)。

同一敷地内であれば、離れていても設置可能

同一敷地内で複数の工場屋根等、離れた場所でも足し合わせて十分な広さがあれば、 メガソーラーの設置・発電を行うことができます。

熊本でメガソーラー設置・発電事業をお考えの企業、個人事業主の方は
タイヘイテクノス株式会社にお任せください。

タイヘイテクノスではお客様のニーズ、条件等をよくヒアリングし、
設計から管理・設置後のサポートまで、ベストソリューションをご提案いたします。

熊本市で初のメガソーラー発電事業として、県並びに市と協定締結した当社の実績は こちらよりご覧になれます。

メガソーラー実績紹介


尚、土地の種類(区域区分、用途地域)によっては使用制限がある場合があるため、
まずはお問い合わせください。

1MWの発電量と売電価格の目安

設置場所、日射量等によって発電量は変わりますが、1MWのメガソーラー発電所で概ね
年間100万KWh以上の発電量が見込めます。これは一般家庭約300世帯が年間に消費する
電力量に相当します。

2013年度の売電価格は40円(税抜)から36円(税抜)になりました。従って、
条件によって異なりますが、1MWクラスのメガソーラー発電所で年間発電量約100万KWhを
見込んでいる場合は、年間3600万円(税抜)程度の売電収入を見込むことができる計算になります。

売電料金は1kWh

年間発電量 1,000,000kWh
売電価格(税抜) 3,600万円


あくまでも目安です。設置場所、日射量等に
よって発電量は変わりますので、
まずはお問い合わせください。

当社の発電事業、発電実績はこちらよりご覧になれます。

メガソーラー発電事業

設置後のサポート

基本的にはメンテナンスフリーの太陽光発電ですが、出力が天候に左右される点等、
故障や不具合が他生産設備と異なり発見されづらい設備であるとも言えます。
特に利益追求を第一の目的とした設置であれば、試算に対する大きな誤差に繋がりかねません。
点検等含め、万全のサポートを行います。

設置後のサポートなどでご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

メガソーラーお問い合わせは0120-807-011

ページの先頭へ
太陽光発電、風力発電、省エネのお問い合わせ、ご質問など何でも結構です。24時間いつでも受け付けております。

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ。0120-807-011

タイヘイテクノス株式会社ソリューション事業部は、太陽光発電・風力発電と通して企業様や個人様の快適な環境づくりをサポートするトータルソリューションカンパニーです。

お客様の夢やご希望を聞かせて下さい。私たちが精一杯お手伝いさせていただきます。